うみやまのあいだのひとしずく

児童文学を書き始めた。

わざわざ紙の本にすることに理由がほしいような気分なので、手始めに私の言葉の海にあげてみる。

つまり、この日記のようなHPに、少しずつ。