ご依頼までの流れについて

可能です。ぜひお話を聞かせてください。

大丈夫です。「想いはあるけど、どうしたらいいのかわからない」といった方はとても多いです。ですので、そういったお話を1つずつ丁寧にお聞かせいただくところから始めております。お気軽にご連絡ください。

ジャンルを問わず、芸術そのものが、抽象的・人間的なテーマを取り扱うにはとても相性がいいですし、そのための分野だとさえ思っておりますので、“体験”のデザインにも多く取り入れております。ご依頼内容や場所・日程・実現ビジョンに則り、最適な“体験”がつくれるよう1つの考え方にこだわらず、柔軟な発想をもつことを心がけておりますが、ご依頼主様がそういった形をご希望でしたら、もちろんその意にそうよう創作することも可能です。

車で移動できる範囲であればどこでも可能です。目安としては東北6県であれば、可能な限り出向いて直接お話をお聞きしたいと思っております。が、新幹線や飛行機などの交通費が発生する場合はご相談させていただくこともございます。

ざっくりとした条件で結構ですので、事前にお知らせいただければ可能です。お気軽にご相談ください。

もちろんです。ぜひいい体験をつくりましょう!

回を重ねた方がいいと双方判断した場合は、何度も足を運ぶこともやぶさかではございません。相談相手としてご活用いただければと思います。

うみやまのあいだの PROJECTSについて

大丈夫です。私たちとしましては、たとえご依頼につながらないとしても、「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」の理念や体験のデザインについてお話させていただく機会があるだけでも、大変ありがたく思っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

コンセプトはゆるぎませんが、ベストな形で体験をご提供させていてだきたいので、場所や環境、参加者の年代や性別・出身地/国などにより内容はその都度変わります。

例えば「OUR HAPPY (H)OURS」の場合でお話しますね。これは「私たち」を考えるワークショップなので、「必ず参加者さまそれぞれが何かしら「私たち」についての考え方を持ち帰っていただく」という達成目標(コンセプト)はいずれの回でも一貫しております。ですが、例えば参加者が皆こどもたちだったり、割合が男7:女2だったり、さまざまな業種のお仕事につく方々ばかりだったり、地域によってはさまざまな国の方も参加されるかもしれません。この場合は、その状況をより生かせる体験をその都度ご提供させていただいております。事前ヒアリングと提供イメージの共有の過程で、いろいろお話をお聞かせいただければと思います。

ぜひご相談ください。こちらのワークショップ/体験のコンセプトにつながるものでしたら内容についてより深めることができるので、こちらこそいろいろご教授いただきつつ、一緒にいいものをつくりたいと思います。ただ、もしそうではない場合(コンセプトから少しずれる場合)は、お客さまのご希望のかたちを実現するためには他のアイデアの方がよりよい形になるということですので、新たに体験をつくることをおすすめしております。詳しくは、「体験のデザインー自分たちでつくる!」「体験のデザインーお任せする!」をご覧ください。

そうですね。そう考えていただけるとわかりやすいかと思います。 

もちろんです。事前ヒアリングの際に、場所や参加者の想定をお知らせください。

ワークショップのファシリテーション代(1回)+必要であれば交通費となります。以下の料金表ページをご覧いただけたらと思います。 うみやまあめつち料金表

体験のデザインについて

もちろんです。私たちとしては、たとえご依頼につながらないとしても、体験のデザインについて言葉を尽くせる機会をいただけることを、とてもありがたく思っております。どうぞお気軽にご連絡ください。

何かを多くの方々に知ってもらいたいというときに思い出していただける会社という点では、同じだと考えていただいて大丈夫です。ただ、その中身については、得意分野や思考のプロセス、メソッドが異なります。ご希望であれば、事前のヒアリングのみのお問い合わせや、他社様との相見積もりなども対応しております。お気軽にご連絡ください。

私たちの基本的な考え方の1つですので、そのようにイメージしていただいて大丈夫です。

文学や映画・演劇などのジャンルを問わず、芸術そのものが、抽象的・人間的なテーマを取り扱うにはとても相性がいいですし、そのための分野だとさえ思っておりますので、“体験”のデザインにも多く取り入れております。ご依頼内容や場所・日程・実現ビジョンに則り、最適な“体験”がつくれるよう1つの考え方にこだわらず、柔軟な発想をもつことを心がけておりますが、ご依頼主様がそういった形をご希望でしたら、もちろんその意にそうよう創作することも可能です。

どこでも大丈夫です。電気がなくても問題ないとさえ思っています。

何人まででも大丈夫です。対象人数が多い場合はもちろんですが、1人を対象とした体験でも、きっと面白くなると思います。

例えばワークショップのような形であれば60~180分が一般的ですが、ご依頼主様のご希望によりさまざまです。

面白そうですね。ぜひ一緒に考えましょう。

得意分野です。ぜひご相談ください。何かを知ってもらうための貴重な時間は、面白く楽しいにこしたことはないと思っております。

可能です。ただ、正直に申し上げれば専門ではございませんので、他社様をご紹介することもあり得ます。ご了承ください。

可能です。ですが、1つ上の質問と同様、専門ではございませんので、他社様をご紹介することもあり得ます。ご了承ください。

Aコース
自分たちでつくる! について

1、事前ヒアリング

まず、事前にいろいろお話をお聞かせください。はっきりしたイメージを持っていなくても大丈夫です。
ご連絡をくださったということはきっと、たくさんの想いをお持ちだと思いますので、肩の力を抜いて、思うままにお話してくださって大丈夫です。

2、体験の提供イメージの共有

お話をお聞かせいただいた上で、こちらで提供できることのイメージをお伝えします。
“体験”のデザインそのものが新しい考え方ですので、この時点でイメージの齟齬や不明点などございましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

3、お見積り作成

共有に差しさわりがなければ、そして“体験”のデザインにご興味をもっていただけましたら、こちらからお見積書と、 “体験”のデザイン完成までの日程プラン案をお送りさせていただきます。

4、ご依頼

体験のデザインのできることやお見積り内容、日程プラン案にご満足いただけましたら、この時点でご依頼ください。もちろん、それまでの過程で、がつがつとした営業をするようなことは一切ございませんのでご安心ください。お客様の目でご判断ください。

5、体験づくり会議

Aコースでは、ご依頼主様主体で“体験”をつくっていただきます。といっても、あまり難しくとらえないでくださいね。私たち「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」が会議のファシリテーター(中立的な進行役)となり、コンセプトメイキング~体験の完成まで、皆さまをしっかりサポートします。
ことばの引き出し役であり、まとめ役と思っていただければと思います。

6、リハーサル

何回かにわたる体験づくり会議を経て、完成の形が見えましたら、体験への参加者を想定した実際の進行をやってみます。リハーサルの有無は、ご希望によりけりですが、本番での進行役は、基本的にはご依頼主様の方でご担当いただきますので、初めてという場合はなるべくおすすめしております。事前に具体的なアドバイスもさせていただきますので、ご安心いただけるかと思います。

7、“体験”実施日

体験づくり会議であたためてきた“体験”のお披露目です。
参加者の皆さんに楽しんでいただけるよう、がんばりましょう!

※お支払いについて

ご依頼が成立した時点(4)で、ご契約金として2分の1(あるいは3分の1)の料金をお支払いいただきます。残額は、体験実施日(7)が無事終了し、成果にご満足いただけましたらお支払いいただくことにしております。

事前ヒアリングの時点でおおよそのスケジュール・実施日をお知らせください。それにあわせて無理のない形で体験づくり会議の回数を決めていただき、その上で日程を組むことになります。

どれくらい時間がかかるかというとペースはそれぞれですので回答が難しいところですが、1から企画を創ることにあまり慣れていない…といった場合は、たっぷり期間をとっていただいた方が余裕が生まれますので、より楽しみながらつくっていただけるとと思います。

体験づくり会議のファシリテーション代(×回数)が基本料金と考えていただければと思います。そこに、+αで加算されていく形です。ご参考までに、以下の料金表ページをご覧いただけたらと思います。

 

うみやまあめつち料金表

まずはご相談ください。クレジット表記については場合によりけりですが、基本的には主催(主体)はご依頼主様ですので、皆さまのやりたいこと、伝えたいことが120%必ず引き出せるよう、私たちは縁の下の力持ちに徹します。

Aコースの場合は、ご依頼の実施日だけに限らず、その後もご自分たちの企画でいつでもどこでも何度でも実施していただける体験づくりを心掛けております。ですので、進行は私たちではなく、ご依頼主様の方で担当していただく形が一番いいと思います。初めての方でも安心してのぞんでいただけるよう、万全にサポートさせていただきますので安心してくださって大丈夫ですよ。

Aコースの利点は、ご依頼の体験実施日が終わった後も、ご自分たちの企画でいつでもどこでも何度でも、その都度参加者を集って“体験”を実施していただけることです。体験づくり会議を経て、苦労して生み出したものですから、どんどん使ってあげてください。
そうしていくうちに、実際の進行でわからない部分が出てきたり、参加者からご質問もいただくでしょうし、想定外のことも起きうると思います。また、回を重ねるにつれて、変更した方がいい点も出てくるかと思いますので、その際は、ご遠慮なさらずご相談いただければと思います。せっかくつくったのですから、いつでもいい形へ、いい形へ、進化させて参りましょう。

もちろんです。きっとさらに面白くなることと思います。楽しみですね。
できたら事前でも事後でもどちらでも結構ですので、ご一報いただけましたら嬉しいです。

Bコース
すべてお任せする! について

1~4までは、A.自分たちでつくる!の流れと同じです。

1、事前ヒアリング

まず、事前にいろいろお話をお聞かせください。はっきりしたイメージを持っていなくても大丈夫です。ご連絡をくださったということはきっと、たくさんの想いをお持ちだと思いますので、肩の力を抜いて、思うままにお話してくださって大丈夫です。

2、体験の提供イメージの共有

お話をお聞かせいただいた上で、こちらで提供できることのイメージをお伝えします。
“体験”のデザインそのものが新しい考え方ですので、この時点でイメージの齟齬や不明点などございましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

3、お見積り作成

共有に差しさわりがなければ、そして“体験”のデザインにご興味をもっていただけましたら、こちらからお見積書と、“体験”のデザインの完成までの日程プラン案もお送りさせていただきます。

4、ご依頼

体験のデザインのできることやお見積り内容、日程プラン案にご満足いただけましたら、この時点でご依頼ください。もちろん、それまでの過程で、がつがつとした営業をするようなことは一切ございませんのでご安心ください。お客様の目でご判断ください。

5、ご提案

事前ヒアリングやその後のやりとりの中で、ご依頼主様が“体験”のデザインで伝えたいこと、実現ビジョンなどをより正確に把握させていただきます。それをふまえて、それらのご要望が達成できる“体験”のデザインの素案をいくつかご提案をさせていただきます。

6、内容の決定

ご提案をさせていただいた中から、 “体験”のデザインの内容を決定していただきます。

7、進捗報告・打ち合わせ

内容の方向性を決定していただいて以降は、こちらで詳細や準備等を進めさせていただきますので、進捗報告(や必要であればその後の打ち合わせ)の中で、その都度ご要望や変更点などお伝えください。

8、最終チェック・完成の承認

“体験”のデザインが完成しましたら、あとは実施するのみとなります。が一度その前に、すべてに目を通していただき、依頼当初の目的や実現ビジョンがきちんとふまえられているかなどをご確認いただきます。

9、体験実施日

参加者の皆様に楽しんでいただけるよう、尽力致します!

※お支払いについて

ご依頼が成立した時点(4)で、ご契約金として2分の1(あるいは3分の1)の料金をお支払いいただきます。残額は、体験実施日(9)が無事終了し、成果にご満足いただけましたらお支払いいただくことにしております。

事前ヒアリングの時点でおおよそのスケジュール・実施の日程をお知らせください。
目安としては、実施日の最低1か月半前までにはご依頼いただけると双方安心かと思います。

可能です。できるだけ早めにお知らせください。

体験コンテンツのデザイン製作費+実施当日の進行ファシリテーション代、この2点を基本料金と考えていただければと思います。そこに、+αで加算されていく形です。
ご依頼から実施日までの期間が短い場合、つまり納品までのスケジュールが火急な場合は、デザイン製作費が高くなります。ご了承ください。
ご参考までに、以下の料金表ページをご覧いただけたらと思います。

 

うみやまあめつち料金表

基本的には「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」で担当することを前提に進めさせていただきますが、最善の形はそれぞれですからご希望などございましたらお気軽にご相談ください。

進捗報告や打ち合わせでのご要望やダメだしはもちろんお受けしております。むしろ、いいものをつくるためにどんどん言っていただけると嬉しいです。
ただし、以下のような変更はお受けしかねますのでご了承ください。

・そもそもの伝えたいこと(根幹部分であり、体験デザインのコンセプト)が根底から大きく変更する場合
→大げさな例ですが、世界平和を核としてデザインを進めている場合、途中から、戦争賛成のテーマに変更することはできません。

体験のデザイン製作費そのものの料金は、その“体験”が60分であろうと6時間であろうと時間の長さに左右されることはありません。が、例えば1か月以上またぐような長期間の体験のご依頼などは例外もございますので、お見積りをご確認のうえ、ご相談いただければと思います。

費用について

こちらのPDFをご参照ください。
尚、こちらの料金表ではAコース・Bコースと分けて表記しておりますが、コース分けにこだわらず、ご希望により柔軟に対応しております。お気軽にご相談ください。

 

うみやまあめつち料金表

私たちがいただくのは、体験のデザイン製作費(とそれに付随するもの)とファシリテーションの際の人件費のみです。ですから、参加費や入場料から得られる収入は、ご依頼者様のものとなりますし、もちろん徴収の有無もご依頼者様のご判断にお任せしております。

その他のサービス

SNSや知人友人・関係者への周知など、ご協力できることはできる限り致しますが、基本的にはご依頼主様主体で広めていただく形をとっております。

可能です。その際は別途料金をいただいております。
また、告知ビジュアルは他のデザイナーさんをご紹介することもあり得ます。ご了承ください。

これも“体験”のデザインの一環ですし、私たち自身も、こういったしくみが必要だと常々思っておりますので、ぜひご協力させてください。