今年も

今年も

丑の日を楽しみにしていた理由は、からむしにあり。

 

 

いつ頃からか、祖父の手先に目を惹かれる。