うみやまのあいだ
あめつちのからだ

スイッチを押さないと。
頭のなかの能動的スイッチ。
そのスイッチが、世界を変える。
そのスイッチは、力になる。

INTRODUCTION

「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」ができること。

それは、“体験”をデザインすること。

“体験”の中に、世の中の もの・こと をより深く知り、考えるためのしかけ

――スイッチ をたくさん創ること

インスタ映えのように一目でわかる もの・こと や、『よくわかる〇〇〇』のように

言葉でシンプルに整頓された もの・こと など、これらの媒体から情報をキャッチすることもとても大切。

でも、これからの世界は、複雑な もの・こと を複雑なまま受け入れ、

自分なりに咀嚼できるような“場”や“機会”も大切になってくるでしょう。

だったら、その“場”や“機会”は、面白いにこしたことはない。

そのために、「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」の“体験”のデザインがあります。

うみやまのあいだ、あめつちのからだの考え方

NEWS

notesを更新しました

notesを更新しました。 タイトルは、「ことば_001 集まりの思考」です。 https://note.mu/ardr_ccd/n/neda35942292f 読んでいただけたら嬉しいです。 よろしくお願い致します。

Read More »

レクチャー&トーク(5/15、17)

「うみやまのあいだ、あめつちのからだ」の仕事は大きく分けると、 ①軸をつくること(コンセプトディレクション) =ファシリテーションや、そのための対話プロセスのプログラムづくり =「集まりの思考」コンサルティング ②体験の

Read More »

My Works