からむしの記①

からむしの記①

 

ぽきりと折ればそれだけで自然と
糸のようなものが顕れる

からむしはこういうからだの持ち主。

葉のつき方は互生。
加えて、茎に絶妙にいい感じのねじれがある。
野生のままに生えてるからなのかな。
祖父が幼い頃には自家栽培していたというから、
人間の手を加えているからむしならば
茎もまっすぐにのびるのかもしれない。

この葉付の部分が、
表皮を剥ぐときにつっかえる🤔
こないだの手道具がやはり必要なのだろうか。

糸らしきものは紡げたけれど
これを織る、あるいは編むとなれば
乾燥しすぎやしないか。
それが原因で途中で折れたり
破れてしまったりはしないのかしら

祖父は、これで大工用の腰ひも(?)を編むと丈夫でいいと言っていたけど。

かつて編み上げた方々の先人の知恵、
早くもそれがほしくてたまらない。
保存の仕方も知りたい。

祖父母に見てもらうことにする。